茶室のある家


ホームページをご覧いただいた建築家様からの撮影依頼で、茶室のある家を撮影いたしました。

細部までこだわった、とても素敵な和の家でした。外観から屋内まで全て撮影させていただいたのですが、素敵な造りに救われてかスムーズに撮影する事が出来ました。

初めてお会いした建築家様という事もあり、撮影データを現場で確認いただきながら、イメージされている欲しい画との擦り合わせをしました。
特に初めてのお客様は、この擦り合わせに重点を置きます。意図されている仕上がりを理解するためです。言葉にする事が難しく抽象的な希望の場合は、尚更、写真をご覧いただいた上で調整を行います。

 

特に建築家様の場合、表現は抽象的でも実は明確な画を思い描いているケースが多いです。そして画をよく理解されている上、目が肥えていらっしゃいますので、ある意味「怖い人」でもあります。笑 

今回、ご依頼いただいた建築家様はベテランもベテラン。そして素晴らしい経歴をお持ちの方でしたので、ご納得いただける成果物をあげるため、正直緊張しました(いい意味です)。やはり、こういう緊張感で仕事をさせていただかないと伸びませんから、有難い経験です。

 

素敵な家の撮影をご依頼いただきました建築家様、撮影を快く受け入れてくださった施主様に感謝致します。
またぜひ、撮影をさせて頂きたく、今後とも宜しくお願い申し上げます。