Fujifilm GFX50Rについて


NikonからFujifilmへと撮影システムを変更しました。フットワークが軽く、写真と動画の両方を撮影するような案件については、X-T3を使用しております。

今回は、三脚を据えて撮影するような案件や人物ポートレートに使用するために新たに導入したGFX50Rの逆光耐性をチェックしてきました。人物などは屋外の場合、逆光や側光での撮影も多いかと思います。Nikonのナノクリレンズは逆光での処理が好みだったのですがGFレンズはどうなのか。ようやく検証する時間が取れたので近くの海岸に行ってきました。

結果は、、、いいですね、コレ。ただ、Xシリーズレンズもそうなのですが、Fujifilmさんのレンズは太陽に直接向けると放射線が結構出ます。個人的には放射線は好きなのですが、人によっては嫌うかもしれません。とはいえ、そこまでうるさく出る訳ではないですし、手前に人物を立たせるような場合は、太陽そのものを被写体や背景の何かで隠してしまえばいいかと思います。

解像度に関しては、中判ですから当然、、、ただし、私はハッセルの中判デジタルなどを使っていないため、他の中判デジタルカメラと比べてどうなのかは分かりかねます。

 

Fujifilm GFX50Rを写真館に導入したらどうなるか。

現在、京王百貨店写真室に出入りしている手前、気になっている部分です。フィルム時代の写真館は、中判カメラを使用しているところも多かったと聞きますし。

結論から言うと、一部の撮影においては厳しいかと思います。一部というのは、小さなお子様の撮影です。自由気ままに動き回るお子様たちをAFで追う事に関しては、既出の事ではありますが、フルサイズ一眼の方が優っています。また、中判デジタルはRAWデータが重いので、テザー撮影の転送でトラブルが起きないのかも気になる点です。小さなお子様の撮影は、とにかくシャッターを切る。という局面もあるからです。転送エラーが起きないのか、近いうちにその検証もしてみようと思います。