BMW Motorrad Central 林道プチツーリング

暑い日が続いておりますが、お元気でしょうか。水分補給をしっかり行い、酢の物を食べて乗り切ろうと思います。

さて、週末はBMW Motorrad Central 目黒店様主催の房総林道プチツーリングに参加してきました。今回は参加者として。R1200GSで林道を走るのは初めてのため、プロテクター満載で行きました。長袖長ズボンのインナーを着て、ニーブレイスを付け、オフロードパンツを履き、上半身もプロテクターを着て、オフロードジャージを着て。。。。。。もうこの時点で汗腺開きまくり、血管開きまくりです。

今回の参加者は11人、250ccなどでオフロードの走行経験はあれどビッグオフでのオフロード走行は初めてという方が多かったです。私もその1人で、ダートコースを250ccで何度か走った程度。どうなる事かという不安も、「これだけ人がいるから何かあっても大丈夫!」という完全に人頼みな考えで払拭です。笑

結論から申し上げますと、「キツイ!!でも楽しい!!」というドMな感想が最適かもしれません。道中、岩盤が出ているところも多く、自分なりにラインを読んで行くのですが、読み間違えるとフロント取られて転倒してしまいます。「読み間違えていませんように」と心で祈りつつ、思い切ってアクセルを煽ります。意外とR1200GSの性能がいいのか、岩盤の溝、轍など乗り越えていけます。ラインを読んで、こう行こうと決めたらそれを信じて躊躇せず行く。そこで躊躇すると転倒します。色々な事に共通するものだと思いますが、、、今回は場所によって、転倒の仕方次第で絶壁を落ちて死ぬかなあという箇所もあり、躊躇したくもなります。でも、後戻りはないんです。行くしかない。行った先でうまくいかなかったら転びますが、その時はどう読み間違えたか考えて次に生かすしかありません。修理が必要になるような事になるかは、、、、、時の運!!

また、ノーマルタイヤでどこまで行けるのか心配もありましたが、問題ありませんでした。私のタイヤはメッツラーのツアランスネクスト。パターンを見るとオンロードのような感じなのですが、思ったより問題なく進みました。たまに少しフロントを取られて冷や汗をかきましたが、そのくらいでした。でも、次の交換時にはブロックにしようと思います。

誰かが転倒した時は、皆で助け合いながらの林道ツーリング。道中の休憩では日陰と風が気持ちよく、純粋にシンプルな事が嬉しかったり、有難かったり。充実した時間となりました。