機材の入れ替えを行いました。

先日、仕事で使っている機材の見直しを行いました。どの機材もそれぞれに個性、良さがあるのですが、今後の使用頻度や諸々を鑑み、一念発起して入れ替えました。特に思い出深い機材として、「AF-S VR ZOOM-Nikkor 200-400mm f/4G IF-ED」があります。私はテレコンバーターを装着しながらモータースポーツを撮影していたのですが、このレンズで撮ったからこそ流し撮りの世界に引き込まれたと言っても過言ではありません。そんな思い出深いレンズ、もうすぐニコンさんのメーカーサポートが終了してしまいます。個人の趣味で持っているのであれば、そのまま使い続けることもいいと思うのですが、仕事で使うとなると別です。

という事で、同レンズを下取りに出し、「AF-S NIKKOR 200-400mm F/4G ED VR Ⅱ」に。新型の180−400mm TC1.4付きも魅力的ですが、出たばかりですし様子見。古いMFレンズなどは今でも使えますが、電子部品で成り立つAFレンズはメーカーサポートが終わりを告げる時に入れ替えるという考えでいます。特に今回のように流し撮りなどに使うレンズは、AF-Cで追う事もありモーターが壊れる事もあるので。

入れ替えた新しいレンズでこれからどんな世界を切り取ろうか楽しみです。