ふたご座流星群と天の川

2017年は12月13−14日にかけて、ふたご座流星群が見頃を迎えるとの事で、夜な夜な撮影に出かけました。

私は13日の夜11時頃から14日の深夜3時頃まで撮影をしていたのですが、残念なことに私が選んだ場所と方角では雲が行ったり来たりしてしてしまいました。ここが微速度撮影の難しいところですね。決めた構図をやめるべきかの判断のしどころ。今回は、天の川も一緒に撮りたかったので耐える事にしました。

撮影している間、メテオシャワーとはいきませんでしたが、いつもより多くの流れ星を見る事ができ、そして初の流れ星が爆発して消える様子を見ました。綺麗な白と緑色の光を放射状に放って消える様子を近くにいた人も見て、思わず声を上げていました。言葉を交わさずとも共感できる人がいるって素敵なことです。

さあ、来年のこの時期も撮りましょう。
それにしても南房総、やっぱり素敵なところです。普段でもビーチなど光の少ないところで星空を眺めていたら天の川も流れ星も見れるのですから。星空好きにはたまりません。